uegakiROGO

Tel:078-965-6355 平日9:30-18:30 土日も対応(要予約)

ご予約はこちらから

相続が発生した後に

相続陶器・相続放棄など

■相続が発生したら

人は誰しも必ず「死」を迎えます。

親族が亡くなると、通夜・葬式等、落ち着く暇もない状態で慌ただしく過ぎてゆきます。

しかし相続手続きの中には、役所への各種届出など、期限が定められているものも多数存在します。

相続手続きは漏れなく手続きを進めるのと同時に、スケジュールも守らねばなりません。

相続で発生する一般的な手続きと期限は以下の通りです。

7日以内 ----------・死亡届、火(埋)葬許可申請

 ↓

 ↓        ・相続人の調査 戸籍の収集

 ↓        ・遺言書の有無を確認

 ↓        ・遺産の調査

 ↓        (不動産、預貯金、有価証券etc)

 ↓

3か月以内---------・相続方法の決定

 ↓

 ↓         ・相続放棄・限定承認の期限は3ヶ月!

 ↓         ・遺産のわけ方の決定

4か月以内---------・準確定申告   (遺産分割協議)

 ↓         ・不動産の名義変更

 ↓         ・預貯金の名義変更

 ↓         ・相続した不動産の売却等

 ↓                    

10か月以内-------・相続税の申告

 

■ 相続放棄・限定承認の期限は3か月以内

相続によって相続人に承継される遺産は、プラスの財産ばかりではありません。

遺産を調査してみたら、借金のほうが多かったという場合もあります。

その場合、家庭裁判所に対し、「相続放棄」という手続きをとることができます。

(※但し相続放棄は、プラスの財産も相続できなくなりますのでご注意ください。)

また、借金があるかもしれない場合、「限定承認」という手続きをとることもできます。

限定承認とは、相続によって得た財産の範囲で借金を支払えばよいという制度です。

相続放棄・限定承認の申立ができるのは、どちらも「相続があったことを知ってから3か月以内」です。

亡くなった方に借金がある、もしくは借金があるかもしれない場合は、まずは遺産を処分しないこと、そして遺産の調査を早急にする必要があります。

 

■ 不動産を相続したら、まずは相続登記を

相続登記とは亡くなった方から相続人への名義変更のことをいいます。相続によって不動産を取得した場合、「いつまでに登記をしなければならない」といった決まりはありません。

しかし、相続登記をせずに放っておくと、不動産に関する法的手続きの際に常にその時点での相続人全員の承諾が必要になり、手続きに時間と費用を要することになります。

また、相続人にさらに相続が発生したりすると、権利関係者が数十人にのぼる場合もあり、場合によっては手続き自体を進めることが不可能になってしまう恐れもあります。

「大切な資産を確実に守る。」「余計な費用や時間を使わない。」

ためにも、不動産を相続したら、まず登記です。

 

■ 相続した不動産の売却・抵当権の抹消登記は司法書士まで

・例えば、「不動産を相続したけど、誰も住まないので手放したい。」とき等、

 上垣司法書士事務所では、地域の不動産会社と連携して、みなさまの売却手続きをサポートさせていただいております。

 

・「亡くなった方の生命保険金で住宅ローンを完済したので、抵当権を抹消したい。」

上垣司法書士事務所では、相続登記手続きと併せて、抵当権抹消の手続きもサポートさせていただいております。

 

どちらもお気軽にご相談ください。

 

■ 費用はどのくらい?

費用に関しては事前にお見積りいたしますのでお問い合わせください。

相続・遺言にかかる費用はこちら